About T Junction Lanaguage School

Welcome to

T Junction Language School!


ミュージシャンのための英語レッスン


確実に上達

自分に自信がつく

未だかつてない革命的なオンライン英会話スクール


T Junction Language School は、ロンドン大学・東洋アフリカ研究所 音楽学博士課程卒の今西太一博士によりスタートしたオンラインランゲージスクールである。このスクールを開講したきっかけは、博士が日本人ミュージシャン及び音楽学者が直面している問題を知ったことにある。それは、単純に言えば、「自信」の欠如である。


博士が感じたのは、多くの日本のミュージシャンたちが日本以外の場所を「世界」と呼んでいる。そして、その理由はどれも世界の方が日本よりも優れているといった固定観念だった。確かに、世界の中には超人と呼ばれるミュージシャンがいる。だけれど、日本も「世界」に入っていることを忘れていないだろうか。


多くの日本のミュージシャンは世界全体を見た時に、高いレベルにある。しかし、自分達の素晴らしさに気が付けないのは、他のミュージシャンと直接「会話」ができていない点にあるのではないだろうか。博士を教えた、偉大なる音楽学学者 Keith Howard教授は、日本のみならず、アジアにおけるミュージシャンの自信の欠如について懸念をしている一人だ。


自信の欠如はもちろん歴史、政治、文化にも要因がある。しかし、今の現状を打開する一つの方法として、英語で対等に自分の意志を伝えあえれば、見える風景が違うであろう。音楽学的な観点から言えば、人々が奏でる音楽がなぜそのような音なのかを理解するには、やはりローカルな目線で分析することが重要であるのと同じだ。


博士は、イギリスで音楽活動と学者をしてきた中で、効率的な英語の学びを深く考えた。そして、何人もの日本のミュージシャンと面談し、彼・彼女たちが英語習得に憧れていることを深く理解した。しかし期末試験や受験勉強などで、無理矢理詰め込まれた記憶は心の傷になって英語を遠いものにしていると察した。事実、英語の試験を受けることにより、知識は上がるだろう。だけれど、言葉という伝達手段を実際に使っていない。これぞ、宝の持ち腐れである。


博士は、このスクールを通してそのような日本のミュージシャンたちに、自信を持って対等に他の国のミュージシャン達と話してほしいと願っている。英語が苦手な方々には、まずその第一歩を踏み出すお手伝いを、逆に既にある程度できる方々には、その上にさらに行けるようお手伝いしたいと願っている。


このスクールを選んで頂いたからには、確実に上達させたいという、我がスクールのモットーを持って、レッスンをしていきたいと思います